きのくに建築賞 佳作でした。。

週末、陽の目を見ようと“きのくに建築賞”に応募していた『Hill House』の最終審査に行ってきました。
お客を入れての公開審査なんて、初めてだったのでどんなものかと思ってましたが、
先生方のすこし意地悪な質問攻めに本気で帰りたくなってしまいました。
学生時代の設計演習の講評を想い出しました。
あまり得意ではなかったなぁ。
結局、大賞はいただけませんでしたが、佳作ということで、有難うございました。
少しでも陽の目を見ることが出来ました。

これは別の方ですが結構なホールでした。
上から見られるなんて、ピアノの発表会以来かも。

帰りの電車。

めっちゃ派手。

新作家具『クロえもん』アップしました

furniture に新作家具の『クロえもん』をアップしました。
お世話になっているお寺さんからの依頼で製作しました。

鉄、革、木、帆布で構成された“衣文掛け”です。

ハンガー以外にも、上棚、フック、ポケット、地板を設けて多機能。
最近ハマってしまったレザークラフト。
前面に押し出してます。

 

 

 

珈琲スタンド完成しました

カフェオランジュさんから依頼のあった珈琲スタンドが完成しました。

詳細はまた後日アップします。

以下、製作過程を。

リヤカー本体を『萩野熔接所』に搬送中

キャラクター『焙煎豆太』誕生

ステンシルします

 

『珈琲スタンド』プロジェクトスタート

長居公園の近くの カフェオランジュさん
こちらのテラスに、テイクアウト専用コーヒースタンドを製作させて頂く事になりました。(青空工房にて製作中)
『移動式店舗』調べてみると簡単なDIYから、メカっぽいもの・おしゃれさん・まぁまぁおしゃれさん …etc.
移動式店舗!きてます!
アイスクリームや手芸部でつくった小物など、猫と一緒に売り歩く自分を想像するのも楽しい。。。

卓上版書見台『MAWASHI』

かねてより製作をすすめていた卓上版の文庫本書見台が、デザイナーの山本史さんとのコラボレーションで完成しました。
つきましては、現在クルーズ客船にっぽん丸内で開催中の山本史さんの個展「A long long holiday」 のギャラリーで8/10より数量限定ではございますが展示販売されることになりました。

木と布と革でできた書見台です。

山本史さんのイラストは「Summerholiday1」と

「Summerholiday2」を使わせていただきました。

折りたたんだ状態。

開いて

本をセット。
革のブックキーパーでページをホールド。
この商品のお問い合わせはモノスタ’70まで。

『母の家』 アップ

House… に『母の家』をアップしました。
閑静な住宅地に佇む小さな平屋です。
当初は減築による改修で計画を始めましたが、後に最小限の昨日を持った平屋での改築に変更しました。
必要なスペースをシンプルにプランニングし、延焼線を避けるように配置することで、深い軒下に全面焼杉による外壁と開放感を助長する回遊庭ができました。長い時間をかけ自生したなだらかにつながる樹木と、柔らかい風が通り抜けるすまいです。

 

ホームページマイナーチェンジ

ひっさびさにホームページをマイナーチェンジしました。
『Kids』と『goods』が増えました。
『Kids』 はこども施設を掲載しています。
『goods』 は常日頃、または別途工事などで私が製作したも小物を中心に掲載していこうと思っています。
振り返ると、結構多くのモノを作ってきたので、写真が残ってるものは過去に遡って掲載していく予定です。
DIY感溢れたらごめんなさい。。

『持送りのいえ』UP

House… に『持送りの家』 をアップしました。
いつになく渋い住宅です。
もともと、古民家改修でスタートしましたが、諸事情で断念。
新築の計画では、当該地域の歴史ある風情を残した住宅や蔵が多く、それらに共通して用いられている『持送り』という屋根や庇を支える部材を採用しています。
また、内部においても、土間の多用、そこにある高い吹抜、薄暗さや、建具の寸法を旧家と同じ173センチに抑え、所作に訴えかけることでこれまで紡いできた歴史を受け継いでいます。

 

『Guest House SORA』アップ

House…に『ゲストハウス SORA』 をアップしました。大阪市の空堀町に位置する元店舗のリノベーションです。
大阪城に近く、海外の方のみならず日本人旅行者にも便利な場所です。
1階にパン屋(焼きカレーパン旨し)、2~3階がゲストハウスです。
お近くにお越しの際は、ご利用くださいませ。

>>HP